女医のきれいブログ美容のホンネ

ボトックスとは。種類があるって本当?その違いはなに?ニューロノックス、ボツラックス、ゼオミン…

こんにちは。オジスキンクリニックの吉原です。

コロナでマスクが手放せなくなった今、

目元のアンチエイジング・おでこのアンチエイジング

が気になる方が増えています。

アンチエイジングといえば

しみ・しわ・たるみの治療です。

今回は「しわ」の特効薬として知られる「ボトックス」についてお話していきます。

こちらは目尻のしわ治療。自然に笑顔も作れるし、見た目の違和感もなし。ボトックス治療で皮膚にハリが出て一気に若返ります。

ボトックスは「純正品」

ボトックス、どこかで聞いたことがあると思います。

実はこれ商品名なんです。一般的にはボツリヌストキシンといいます。

世の中にはボツリヌストキシンの製剤がたーくさん出回っています。

代表的なものだと、ゼオミン、イノトックス、ボツラックス、ニューロノックス…などなど。

一体なにが違うのでしょうか。

今使っている携帯電話がMacのiPhoneだとして、

ボトックスはMac純正の充電器という感じ。

そのほかのボツリヌストキシンはMac純正ではなく海外で真似して作られた充電器(廉価版)

っていうイメージだと伝わりやすいかな。

 

自分が使っているiPhoneに、メーカー推奨ではない充電器を使って壊れたら、携帯の中身もダメになってしまうし、携帯も使えない。そしてもちろん修理対象外。

なんとか廉価版で充電できたとしても、何度も繰り返していくとバッテリーのもちが悪くなってきてしまう。だとしても修理対象外。

つまり、責任負えませんよ、勝手に使ったんでしょ。

ってことになっちゃうんです。

日本で厚生労働省が美容目的に認可しているのはアラガン社の「ボトックス」のみなんです。

言い換えるとアラガン社のボトックスは数あるボツリヌストキシンの中でも唯一の純正品なんです。

 

ボトックスは自分の顔に入れるもの。

認可品以外を使用してトラブルがあったときは「だって日本はその薬剤推奨してません。」ということになってしまいます…。

だからこそ、当院では安心・安全で自信をもって皆さんの大切なお顔に注射できるボトックスを導入しています。

純正品は安心感がありますよね。

でも、廉価版と比較して値段が高い。そこはしっかり天秤にかけたいところ。

気になる効果に違いはあるのでしょうか。

 

認可品云々ではなくて効果はどうなのさ!

純正アクセサリー以外で問題なく充電できることもありますよね。

値段も安かったりして。

世の中に出回っているボツリヌストキシン、効果はどうなのでしょうか。

実は私、今までさんざんたくさんの種類のボツリヌストキシンを使用してきました。

それだけ種類があるのに認可されているのはアラガン社のボトックスのみ。

しかも(納入)価格も高い。

いったいなぜでしょう。

一番大きな違いはおそらく…運送方法と含有量。

 

ボツリヌストキシンは運送時に失活しうる

そう、ボツリヌストキシンは失活するのです。

 

失活 [名](スル)化学物質などの活性が失われ、反応を起こさなくなること。不活性化

 

え、効果がなくなるの?と気づいた方。そうなんです。

ボツリヌストキシンは熱に弱く、常温保存では効果が出なくなります。

基本的に冷凍保存(一部イノトックスなどは冷蔵保存)の薬剤なので運送も非常に厳重。

アラガン社のボトックスはキンキンに冷凍されてやってきます。

そのほかの薬剤は、というと価格(納入価)が安いものほど怪しい感じで到着します。

本来キンキンなはずなのに中心部だけぬるくなっていたり

冷凍されているはずなのに水滴がついていたり(これ1回解凍した?って感じ(笑))

もちろん、質がよいときもありますが、失活しているかもしれない製剤を患者様に打つのが嫌で取り扱いをやめました😢

 

そしてもうひとつの違いが含有量です。

含有量の違い

これはすべての廉価品に当てはまることではないのですが、この業界ではまことしやかにいわれていること。

ボトックスは「〇単位」で表すことができ、1瓶あたり50単位入っています。

これが、一部の廉価品だと 48、49単位だったり51、52単位だったり…

そうなると2単位打ったつもりが1.8単位だったり2.2単位だったり…とずれてくるのです。

 

額のしわ治療は0.25単位ずつ注入することもあるくらい慎重に量を決めていくので、

少しの違いが大きく出ることがあります。

「あれ?このしわ打ったのに…」

「あれ?もっとMildに打ったのに」

ということが起こりえる。

もちろん、50単位しっかり入っているかもしれない。

でもでも、そんな不安感を持ちながら患者様に注射なんてしたくないのです。

なので私は1瓶あたりの量が確実にわかっているアラガン社のボトックスを使用するようにしています。

もちろん、廉価品もピンキリ。

いいな!と思うものが出てくれば今後取り入れる可能性もあります。

が、当院では現状、アラガン社のボトックスを使用していきます。

 

懸念される「ボトックス抗体」

実はボトックスを打っていると効果が出なくなるのでは?まことしやかに囁かれています。

果たしてこれは本当なのでしょうか。

これについて記載していくと長くなるので、次回に続きます!

 

ボトックス、アンチエイジングにも小顔治療にも美脚治療にもとっても良い治療です。

そしてこれからは脇汗治療にも。

1回の治療でひと夏脇汗が楽になる方が多いです。

お試しあれ♡

 

 

 

浦和駅1分の美容皮膚科・まぶたの治療【OZI SKIN CLINIC】

日付:   カテゴリ:しわ, ボトックス, 女医のきれいブログ

ブログの更新情報を受け取る

Category

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日