ドクター紹介経験豊富な医師による診療

当院では美容皮膚科、美容外科にそれぞれワンドクターで対応します。一人の医師が継続して患者様の経過を把握することが、治療効果の判定や治療内容の決定に最も重要な因子です。


かかりつけの医師として気軽に相談できるクリニックづくりを目指します。

クリニック院長 吉原 糸美itomi yoshihara
さいたま市浦和にあるオジスキンクリニックの院長 吉原糸美です。
美容に携わる医師として「正しい情報」を伝え、「一人ひとりに合った最適な治療を提供したい」という一心でクリニック開業に至りました。
昨今、美容医療が以前より身近になり、インターネットやSNSで多くの情報が手に入るようになりました。しかし、広告主体の情報も増えているため結局何が正しく、何が自分に合った治療なのかが非常にわかりにくくなってしまっているのも事実です。
当院では患者様を私の大切な家族だと思って診察し、心から勧めたいと思う治療だけをご提案させていただきます。
気になるところはあるけれど美容クリニックは少し抵抗がある、と感じられている方もいらっしゃるかもしれません。当院では効果だけでなく治療のリスクもしっかりとお伝えし、メリットが勝るときに初めて治療を受けていただきたいと思っております。少しでも不安があれば何度でもお気軽にご相談ください。
外見のコンプレックスを解消されることは、心を軽くし、内面からの輝きが増すことにもつながります。患者様の気持ちとじっくり向き合い、10年後の患者様がより素敵に輝いていられるよう美容のかかりつけ医として頼られる存在を目指していきたいと思っております。
経歴 東京女子医科大学卒。形成外科発祥の病院である東京警察病院にて研修後、昭和大学形成外科へ入局。形成外科の研修を積みつつ、「フィラーテキスト」など注入治療について数多く執筆される岩城佳津美医師や美容皮膚科治療を幅広く行う片上佐和子医師のもとで美容医療について学ぶ。
都内のクリニカ市ヶ谷へ就職し、美容外科への知識も深めつつ、注入治療やレーザー治療など美容皮膚科部門を担う。同時期に注入治療専門クリニックの非常勤勤務もこなし、ヒアルロン酸やボトックス治療をメインに数多く施術を担当。これまでの経験を活かし、オジスキンクリニック開業に至る。
所属学会
  • 日本形成外科学会(JSPRS)
  • 日本美容外科学会(JSAPS)
  • 日本美容皮膚科学会(JSAD)
  • 日本頭蓋学顔面外科学会(JSCMFS)
形成外科専門医 王子 富登tomito oji
オジスキンクリニックの王子富登です。目元の治療、手術を担当いたします。
これまで慶應義塾大学の形成外科専門医として多くのかたに様々な治療を提供してきました。
その中でも特に専門にしてきたのはまぶたの治療です。
「目の前の患者さんを自分の家族だと思ってメスを持つ。」という信念のもと、一つ一つの手術を責任を持って執刀してきました。そうして培った技術と経験をこれから出会う患者さんのために最大限に発揮していくことを自分の使命と考えています。
二重、逆さまつげ、眼瞼下垂、クマ治療やたるみ取りなど、目周りのお悩みは何でもお気軽にご相談ください。最高レベルの治療をご提供いたします。
経歴
  • 2010年 慶應義塾大学医学部卒業
  • 2012年 慶應義塾大学医学部形成外科
  • 2015〜2019年 東邦大学医療センター佐倉病院形成外科 医局長

眼瞼下垂症手術の症例数は千葉県最多(2016年度)であり、在籍中はほぼすべての症例を執刀。2017年にはまぶた眼瞼外来を開設し、初回手術だけでなく他院術後や美容手術後の修正例を数多く執刀。また、2016-2018年にかけて城本クリニックの非常勤医師、2018年からは酒井形成外科の非常勤医師として勤務。二重埋没法や切開法などのまぶたの美容外科手術、顔面やボディの美容外科手術や美容皮膚施術も多数経験し、現在に至る。

資格
  • 日本形成外科学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士(慶應義塾大学)
所属学会
  • 日本形成外科学会
  • 日本美容外科学会(JSAPS)
  • 日本頭蓋顎顔面外科学会

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日