薄毛・AGA薄毛が気になる方、遺伝的リスクがある方に

オジスキンクリニックでは薄毛が気になる方へ外用薬・内服薬を処方しています。

AGAは放っておいても改善せず、むしろ進行していきます。
気になったときに早めに受診し、治療を開始しましょう。

オジスキンクリニックの特徴

男性も受診しやすいクリニック

AGAに悩まれている男性の方は全国で1200万人以上いるといわれていますが、多くの方がクリニックを受診することに消極的です。

当院は全室完全個室のプライベートに配慮したクリニックです。また、女医には相談しにくいという方のために男性医師のカウンセリング予約も可能です。お気軽にご相談ください。

効果が実証されている薬剤のみ取り扱い

当院では外用薬・内服薬ともに確実に効果のあるものしか取り扱っていません。

薬剤の種類

ロゲイン

ロゲインはミノキシジルを主成分とする外用薬です。

血管拡張作用があるため、血管からしっかり栄養が行き届き毛乳頭細胞や毛母細胞の細胞分裂が促進し発毛が促進されます。2010年日本皮膚科学会は5%ロゲインとフィナステリドの治療を男性の標準療法としています。1%、2%よりも5%ロゲインが発毛の効果が強く副作用の頻度が変わらないことが知られています。

また、作用機序の異なるその他の内服薬等と併用することで効果がさらに高まることが知られています。

ザガーロ

ザガーロはデュタステリドを主成分とするAGA治療薬です。

2015年に厚生労働省から承認されており、効果と安全性が高い治療薬です。臨床試験でもザガーロ0.5mgとフィナステリド(プロペシア)1mgの服用者を比較すると、ザガーロを服用者は発毛効果が約1.6倍あったことがわかっています。

AGAの原因となる酵素には2種類ありますが、フィナステリドは1種類しか阻害できないのに対し、ザガーロは2種類阻害できるうえにフィナステリドの3倍の阻害力があります。

偽物に注意してください

AGA治療薬の通販や個人輸入の販売には偽造品が混入していることが問題となっています。正規品に比較すると安価で入手できるのですが、効果がないだけではなく、薬を代謝する肝臓や腎臓に負担がかかり健康を害する可能性があります。非常に精巧な偽造品も出回っており、正規品かどうかを見極めるのは非常に困難です。

効果を出すため、自分の健康を守るために正規品による治療をおすすめ致します。

初期脱毛について

治療開始2〜6週間ごろに普段よりも脱毛症状が進行したような抜け毛が生じることがあります。これを「初期脱毛」といいます。

これはあくまで一時的なものであり、発毛サイクルを正常に戻している過程で退行期が重なることで生じるものです。治療を継続していくと発毛を実感できますのでご安心ください。

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日