上まぶたのたるみ取りあの頃の二重まぶたに

BEFORE
AFTER

まぶたを二重まぶたの線で切開し、余分なたるみや脂肪を除去する方法です。一重まぶたのかたは二重切開法と同様に、二重まぶたの構造を形成する縫合をして二重をつくります。 目元の若返り治療として昔から人気のある治療です。

この手術で上まぶたのたるみを取り、二重をつくることで、見た目の若返りはもちろん、頭痛や肩こりが軽くなったり、視界が広くなったり、お化粧がしやすくなったりとメリットが多いです。

上まぶたのたるみ取りがオススメの方
  • うわまぶたのたるみが気になる方
  • まぶたの皮膚がかぶさり視野がせまくなった方
  • まぶたの外側の皮膚がへの字型にかぶっている方

手術手順

  • 手術前
  • 余分なたるみを取る
    切開デザイン。
  • 皮膚のたるみや脂肪を
    切り取ります。
  • 皮膚と内部組織を縫合して
    二重をつくります。
  • 極細の糸で丁寧に縫合します。
  • たるみのない二重まぶたの
    完成です。

施術時間:60分程度

上まぶたのたるみ取りの種類

二重切開法と同様に中縫い法(なかぬいほう)と外縫い法(そとぬいほう)があります。中縫い法は極細の溶ける糸(溶けない糸も選択可能)を用いてまぶたの内部で二重をつくる方法です。中縫いの糸と皮膚を縫合する糸は別なので、きずの凹みができにくく、自然に近い二重まぶたを作ることが可能です。

外縫い法は皮膚を極細の糸で縫合する際に、二重になるように糸を通す方法です。 まぶたのなかに糸を残さずに、よりくっきりした二重ラインを作ることが可能です。

どちらの方法がよいかはまぶたの状態やご希望によって変わってきますが、当院ではきずの凹みができにくい中縫い法を第一におすすめしております。

当院の上まぶたのたるみ取りの
特徴とこだわり

痛みや腫れ、内出血をできるだけ少なくする

特別に調整した局所麻酔薬を極細の注射針を用いて丁寧に打ち、手術中に止血操作を細かくしていくことで腫れや内出血を可能な限り少なくします。安心リラックス麻酔(笑気麻酔)を使用すればさらに楽に手術を受けることができます。

精密かつ繊細なオーダーメイドのデザイン

どこからどこまでどの程度たるみがあるのかを正確に評価して、とるべきたるみの量を決定します。これには経験が必要です。念入りにシミュレーションをし、0.5mm単位でラインをデザインします。どこかで見たような一般的なデザインのように、デザインの点が太いとミリ単位のずれがでてしまいますので、極細の専用ペンを用いて細かくデザインしていきます。デザインをお客様と一緒に確認し、ご納得いくデザインを時間の限り追求します。まさにオーダーメイドです。流れ作業クリニックとの大きな違いです。

まぶたに優しい適切な内部操作

まぶたのたるみとりを他院で受けて、まぶたの皮膚が足りなくなって目が閉じられなくなったかた、脂肪をとられすぎてくぼみ目になったかた、組織を切り取られすぎて凹みの目立つ二重まぶたになってしまったかたなどいろいろなかたから相談をうけてきました。実際に皮膚や脂肪、眼輪筋を他院で切り取られすぎてしまったかたの修正手術は困難です。当院ではいままでの豊富な経験に基づき、まぶたの大切な基本構造を壊さずに、適切な量の組織を切り取り、適切な二重形成縫合を行うことで、自然なまぶたの若返りを実現しています。

手術中の入念な確認

二重を形成する縫合をした後に目を開けていただき、二重の引き込み具合やまつげの角度を確認します。ちょうどよい引き込み具合が得られるまで妥協せずに二重形成縫合の強弱を調整していきます。最低でも10回程度は目を開いて確認します。手術に妥協は不要なので、しつこすぎるくらいの確認が大切です。

安心のアフターフォロー

手術は受けて終わりではありません。アフターフォローが大切です。1か月後、3か月後、6か月後に担当医がまぶたの状態をチェックさせていただき、ご満足いただけているかどうか、気になることはないかどうかをお聞きいたします。ご希望に応じて手術前のお写真やデザインのお写真などをお渡しすることもできます。

治療の流れ

  • 医師によるカウンセリングと
    シミュレーション(約20分)

    あなたが思う理想のまぶたを存分に伝えてください。まぶたの状態を診察した上で医師の知識と経験をふまえて、ご満足いただけるような二重幅をご提案します。専用の器具を用いて二重のシミュレーションを行い、鏡でよく確認していただきます。
    ご希望の方には、診察の際にまぶたに手術を想定したデザインもいたします。

  • 洗顔
    半個室のパウダールームにて洗顔していただきます。        

  • 手術前のシミュレーションとデザイン
    (約20分)

    完全個室の施術室で、医師とデザインの打ち合わせを行います。ご希望の二重まぶたになるように入念にシミュレーションし、丁寧にデザインしていきます。デザインが決まりましたら、鏡でよく確認していただいております。

  • 手術(約60分)
    局所麻酔の注射を打ってから手術を開始します。力をできるだけ抜くことが腫れを少なくすることにつながります。もちろん緊張しやすく力をなかなか抜きにくいかたもいらっしゃいますので、できるだけ緊張がほぐれるように優しくお声がけしながら施術をすすめていきます。
    オプションで安心リラックス麻酔(笑気麻酔)を使用しますと、よりリラックスした状態で手術を受けることができます。

  • まぶたのお冷やし休憩(約20分)
    手術が終わりましたら、半個室の部屋のリクライニングチェアでゆっくりとくつろぎながらまぶたを冷やしていただきます。冷やし終わったら一度チェックし、お会計となります。

  • 手術後の検診
    手術後7日(抜糸)、1か月、3か月、6か月くらいの時点でまぶたの状態をチェックさせていただきます。不安なことや心配なことがあれば、ご遠慮なくおっしゃってください。この際の再診料は無料です。
    もちろん、検診をご希望されない場合は必須ではありません。

ダウンタイムについて

施術当日よりも翌日や翌々日が腫れのピークです。腫れが強い時期はまぶたがむくんで開きにくく、二重幅も広く見えます。その後少しずつ腫れがひいていき、手術後7日目前後で抜糸となります。この時期はまだ腫れが残っていて、目も少し開きにくく、二重幅も広くみえたり左右差が目立ったりします。 この時期に大きな左右差などがあればその時点で修正処置をします。抜糸翌日からはメイク可能となりますのでメガネをかけて仕事に復帰されるかたが多いです。内出血が出た場合は2週間程度、黄色っぽいアザとなった後に吸収されていきますのでお化粧で隠していただく必要があります。
手術後1か月の時点ではきずが赤く、浮腫みがまだ残っているので二重幅も広くみえますが、大きな腫れはなくなっています。手術してから3か月もすると浮腫みもほとんどひいて完成に近づいていきます。
手術の完成は術後6か月です。このようにダウンタイムが比較的長い治療ですので、担当医に定期的にチェックしてもらいながら落ち着いて完成を待つことも大切になってきます。

費用 <外縫い法>¥320,000
<中縫い法>¥400,000
<皮膚切除・脂肪切除>無料
<他院修正代>¥100,000
<つりあげ法>¥80,000
リスク 腫れ、痛み、浮腫み、内出血、血腫、感染、創離開、きずあと(白い線)、肥厚性瘢痕、ケロイド、たるみの残り、二重の左右差、予定外重瞼(三重まぶた)、二重のくいこみ、きずのへこみ、二重が浅くなる・消える、外側の二股、内側の二股、眉毛が下がる、まぶたが厚ぼったく感じる、まつげのキワがみえない、まつげの外反、眼瞼下垂、眼瞼痙攣、稗粒腫、結膜浮腫、結膜下出血など

※価格は全て税抜き表示になります。

料金表へ

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日