目頭修正なくなって初めてわかるヒダの大切さ

BEFORE
AFTER

「目頭切開」は印象を大きく変化させる手術です。それゆえ、印象が変わりすぎたことに悩まれるかたも多くいます。多いのは目頭が見えすぎというお悩みです。

他にも、目頭のキズアトや凹み、皮膚のだぶつき、もう少し目頭を出したいといった様々なお悩みがあります。目頭が見えすぎている場合は、蒙古ひだを切って目頭を露出させたことが原因ですので、もう一度蒙古ひだをつくるような手術を行います。

皮膚のだぶつきは皮膚切除で対応できますが、キズアトや凹みが気になる場合にはキズアトや凹みを切り取るだけではよくなりませんので工夫が必要です。もう少し目頭を出したいかたは再度目頭切開を行います。

二重埋没法がオススメの方
  • 目頭が開きすぎている方
  • 目頭のピンクの肉が見えすぎている方
  • 蒙古ひだを戻したい方
  • もう少し目頭を出したい方
  • 皮膚のだぶつきが気になる方
  • 目頭のキズアトや凹みが気になる方

手術手順

  • 逆Z法の切開デザイン
  • ひだを作り、極細の糸で
    縫合して完成です。

施術時間:60分程度

目頭修正の種類

当院では逆Z法による蒙古ひだ形成での目頭修正を行っております。
目頭切開Z法の逆再生のような手術です。作成した蒙古ひだはすこし後戻りがあるので、やや大きめにデザインするのがポイントです。
通常であれば1~1.5mmくらい目頭を隠すことができるほか、下に伸びる蒙古ひだのしわを作ることができます。

当院の目頭修正の特徴とこだわり

痛みや腫れ、内出血をできるだけ少なくする

特別に調整した局所麻酔薬を極細の注射針を用いて丁寧に打つことで麻酔の痛みや腫れ、内出血を可能な限り少なくします。安心リラックス麻酔(笑気麻酔)を使用すればさらに楽に手術を受けることができます。

精密かつ繊細なオーダーメイドのデザイン

手術前に念入りにカウンセリングとシミュレーションをし、極細の専用ペンを用いて細かくデザインしていきます。デザインをお客様と一緒に確認し、ご納得いくデザインを時間の限り追求します。

左右同時進行とすることで
左右差を極力少なくする

二重や眼瞼下垂の手術では左右同時に行うのは当たり前ですが、目頭の手術でも左右同時に始めてバランスを確認しながら手術をすすめることが大切です。

顕微鏡手術用の道具を用いた精密な縫合

目頭の皮膚は特に薄く、段差なく皮膚を縫合するためには拡大鏡(ルーペ)が必須です。それに加えてマイクロサージェリー(顕微鏡手術)用の精密な道具を用いて縫合することで、皮膚のダメージが少なく細かなズレもなくなるので、できるだけキズを綺麗に治すことができます。

安心のアフターフォロー

手術は受けて終わりではありません。アフターフォローが大切です。1か月後、3か月後、6か月後に担当医がまぶたの状態をチェックさせていただき、ご満足いただけているかどうか、気になることはないかどうかをお聞きいたします。

治療の流れ

  • 医師によるカウンセリングと
    シミュレーション(約20分)

    いままでの治療歴をお聞きし、まぶたの状態を診察した上で現状をお伝えします。治せる部分、治しにくい部分をしっかりと説明いたします。ご希望の方には、診察の際にまぶたに手術を想定したデザインもいたします。

  • 洗顔
    半個室のパウダールームにて洗顔していただきます。        

  • 手術前のシミュレーションとデザイン
    (約20分)

    完全個室の施術室で、医師とデザインの打ち合わせを行い、丁寧にデザインしていきます。デザインが決まりましたら、鏡でよく確認していただきます。

  • 手術(約60分)
    局所麻酔の注射を打ってから手術を開始します。力をできるだけ抜くことが腫れを少なくすることにつながります。もちろん緊張しやすく力をなかなか抜きにくいかたもいらっしゃいますので、できるだけ緊張がほぐれるように優しくお声がけしながら施術をすすめていきます。
    オプションで安心リラックス麻酔(笑気麻酔)を使用しますと、よりリラックスした状態で手術を受けることができます。

  • まぶたのお冷やし休憩(約15分)
    手術が終わりましたら、半個室の部屋のリクライニングチェアでゆっくりとくつろぎながらまぶたを冷やしていただきます。
    冷やし終わったら一度チェックし、お会計となります。

  • 手術後の検診
    手術後9日前後(抜糸)、1か月、3か月くらいの時点でまぶたの状態をチェックさせていただきます。不安なことや心配なことがあれば、ご遠慮なくおっしゃってください。この際の再診料は無料です。
    もちろん、検診をご希望されない場合は必須ではありません。

ダウンタイムについて

施術当日よりも翌日や翌々日が腫れのピークです。施術後、2-3日は目頭部分に腫れがあり目頭の形も心配になることがありますが、7日程度で大まかな腫れはひいてきます。抜糸は術後9日前後で行います。抜糸翌日からメイクも可能ですが、術後1,2か月はキズのテープ保護をおすすめしております。お仕事を再開されるのは施術後7日くらいのかたが多いです。
内出血が生じた場合には1-2週間で吸収されてきますので、それまでメイクでカバーしていただいております。術後1か月の時点ではキズの赤みがありますが、3か月もすると赤みはほぼひきます。
体質にもよりますが、目頭はキズが赤く盛り上がりやすい(肥厚性瘢痕になりやすい)部位なので状況に応じて、注射や内服の治療を追加することがあります。

費用 <他院修正>¥330,000
<もうこひだ形成>¥400,000
リスク 腫れ、痛み、浮腫み、内出血、感染、創離開、きずあと(白い線)、肥厚性瘢痕、ケロイド、目頭が出すぎ、目頭が隠れすぎ、目頭形態の左右差、まぶたの違和感など

※価格は全て税抜き表示になります。

料金表へ

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日