ほくろ・イボ

最先端スキャナ付レーザー
による正確なホクロ除去
安心の再発時保証制度

  • ほくろ・イボとは

  • レーザー治療と手術による切除の違い

  • 当院のホクロレーザー治療

ほくろ・イボとは

一般に、ホクロを盛り上がっていない色素斑、いぼを盛り上がった色素斑と捉えている方が多いですが、医学的にいう母斑細胞母斑、単純黒子、脂漏性角化症、アクロコルドンのうちどれかを指していることがほとんどです。

どれも良性の皮膚腫瘍でありレーザーで除去することが可能です。

ただし、中には皮膚がんと鑑別を要するものもあり、短期間で拡大するものや出血を伴うものは注意が必要です。皮膚がんを疑った場合はレーザーによる除去ではなく、手術で除去したうえで病理学的検査にて診断を行います。

レーザー治療と手術による切除の違い

レーザーによる治療の場合は炭酸ガスレーザーを用いてメラニン色素部分を削りとるように治療します。炭酸ガスレーザーは止血の効果もあるため出血はありません。

削り取ったあとは皮膚が擦り傷のような状態になるため、適切なアフターケアが大切ですが、特に抜糸などの必要はありません。

ただし、メラニン色素が深くまで存在する場合や色素斑が大きな場合は手術をおすすめすることがあります。手術の場合はメラニン色素が存在する皮膚を切除するため再発のリスクは限りなく少なくなります。オジスキンクリニックでは傷跡治療のプロである形成外科専門医が担当し、傷跡がなるべく綺麗になるよう工夫して手術を行います。

オジスキンクリニックの
ホクロレーザー治療

使用する機器は
厚生労働省認可のアキュパルス

オジスキンクリニックでは世界で初めてCO2レーザーを開発したルミナス社の高性能スキャナー搭載型炭酸ガスレーザーAcupulseアキュパルスを導入しています。厚生労働省の認可を得ている機械であるため、安全に確実な効果を期待できます。アキュパルスによる施術

大切なのはいかに美しく治すか

色素斑はメラニン色素の塊が浅いものから皮膚深層(真皮)まで達するものまで様々です。

一般に隆起していたり青みがかっているものは深くまであるものが多いですが外見で確実に判断することはできません。

1回の治療でホクロを取り切ることが一番良いのですが、色素を取りきろうとするあまりに深くまで削ると結果として目立つ凹んだ傷が出来てしまうことがあります。

オジスキンクリニックでは跡をなるべくきれいに治すため、無理に削り取ることはしません。万が一メラニン色素が深くまであった場合は多少色味が残っても平らな状態に治るように削り取り、複数回に分けて少しずつ薄くしていくことで最終的にきれいな跡として治癒させます。

手術という選択肢もご提案します

一般の美容皮膚科クリニックでは手術までこなすことが出来ないことが多く、たとえ手術が最適な場合でもレーザー治療をすすめられることが多々あります。オジスキンクリニックではレーザー治療はもちろん、必要に応じて形成外科専門医が手術を行うことができるため、患者様のホクロの状態に最適な治療をご提案することが可能です。手術の場合は局所麻酔で行い、日帰りで行います。また、1週間後に抜糸のため来院していただく必要があります。

こだわりのアフターケア

炭酸ガスレーザーによる施術は皮膚表面を削り取り、擦り傷のような状態をつくります。その後上皮化といって皮膚が自然に再生しますが、この間に摩擦や紫外線を浴びることで色素沈着が起こることが多々あります。オジスキンクリニックでは外的刺激から皮膚守るための生活指導やテープ貼付、軟膏塗布を行っており、照射後も数回クリニックへ受診いただき経過を拝見させていただいております。

安心の保証制度

ホクロは未成年ほど再発しやすく、取り切れたように見えても1~3ヶ月で再発してくることがよくある疾患です。また、メラニン色素が深くまであり一度では取り切れないこともあります。

オジスキンクリニックでは同部位における2回目のレーザー照射に料金はいただいておりません。安心して施術を受けていただけます。

CO2レーザーとは 料金表へ

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日