肝斑

一般的なシミ治療では濃くなってしまう肝斑
適切な治療で透明感を手に入れましょう

  • 肝斑とは

  • 肝斑の原因

  • 肝斑の治療方法

  • 肝斑を悪化させないために

肝斑とは

肝斑とは、30代以降の女性に多く見られる主に頬に左右対称に出てくるシミの一種です。額や鼻の下、下顎にもみられることがあり、目の周囲にはできにくいことが診断の一助になります。

肝斑は一般的なシミ=老人性色素斑と同じようなレーザー治療や光治療(IPLやフォトフェイシャルなど)を受けるとさらに濃くなります。初期の頃は不明瞭な境界をもつもやもやしたシミにみえるため、誤った治療をされ、悪化してしまう方も少なく有りません。

肝斑の原因

肝斑はメラノサイトの過剰な働きにより表皮および真皮のメラニン色素が産生されることが原因といわれていますがはっきりはしていません。

ホルモンバランス(妊娠や経口避妊薬、閉経など)、紫外線、摩擦などの物理的刺激、睡眠不足などがトリガーとなるといわれています。

近親者が肝斑を発症している場合は肝斑になるリスクがあがるため、遺伝する可能性もあります。また、最近の研究ではストレスにより悪化することがわかってきました。肝斑に悩み、ストレスを感じることでより悪化するという悪循環に陥ってしまうため、早めに治療を開始することが大切です。

肝斑の治療方法

肝斑の治療は簡単ではなく、治療により肝斑が薄くなったあとも再発しないように日々ケアすることが非常に大切です。肝斑の治療はクリニックにおける外用薬・内服薬・機器による治療などと毎日の自宅でのケアを組み合わせたマルチモダリティーな治療が必要になります。

オジスキンクリニックでは従来肝斑に効果があるとされてきたハイドロキノン、トレチノイン、サリチル酸に加えてコウジ酸やグルタチオン、トラネキサム酸、ビタミンCによる治療をベースにライフスタイルに合わせて機器による治療をおこないます。残念ながら肝斑は放置していても改善せず、範囲が広がり濃くなっていきます。気になったときに治療を開始しましょう。

メディカルホームケア(ゼオスキンヘルス)

肝斑に効果のあるハイドロキノンを配合したメディカルホームケアです。使用方法を守って毎日お使いいただくことで今ある肝斑を改善し、再発しにくい肌へ導きます。治療の効果は5~7週でみえてくることが多いです。

美容内服薬

トラネキサム酸、グルタチオンなど肝斑に効果があると立証されているものを日々取り入れましょう。今までの研究でトラネキサム酸やグルタチオンを投与した90%の人が肝斑の改善を実感できています(Lee et al、G Ital Dermatol Venereol 2016)(Handog et al、J Am Acad Dermatol 2016)。効果を感じるまでに3ヶ月~6ヶ月ほどかかりますが、紫外線ダメージから肌を守る効果もあるため必ず内服されることをおすすめ致します。

美容点滴

定期的に肝斑に効果のある成分の血中濃度を上昇させることでより効果的・効率的に美白成分を肌へ届けます。肝斑が改善したあとも継続することで再発しにくい状態を保ちます。

イオン導入

オジスキンクリニックがこだわりぬいた導入剤をお悩みに応じて選択し、肌へ直接浸透させていきます。直接塗布よりも肌の深層へ成分が届くため、成分の効果を実感しやすくダウンタイムがないためスケジュールを気にせず施術を受けていただけます。

水光注射

肝斑に効果のある美白成分を直接肌へ注入していきます。このような局所治療を定期的に行うことで肝斑が改善することが研究で明らかになってきました。

ピーリング

サリチル酸によるサリチル酸マクロゴールピーリングやコウジ酸を含むマッサージピールによる治療です。ピーリングは今あるメラニン色素に作用するため、再発しないよう内服薬などと併用することをおすすめします(J Cutan Aesthet Surg,2012)。

ピコトーニング

ダウンタイムなく肝斑を少しずつ薄くしたい方、従来のYAGレーザーによるトーニングで効果を感じることができなかった方へおすすめの治療です。内服や点滴治療と併用されることを推奨しています。

肝斑を悪化させないために

日焼け止めの使用

肝斑の治療中は必ず日焼け止めを使用してください。日焼け止めをクリニックの治療と併用することで治療効果が高まります。(Vázquez M, Cutis 1983 )

効果的な日焼け止めの使用法
・ 日焼け止めは少なくともSPF30以上(UVA,UVB,可視光線,ブルーライトに対応したもの)
・ 家の中にいる日や曇り/雨の日も必ず使用
・ ティースプーンほどの量をしっかり使用(teaspoon rule)
・ 2-3時間ごとに塗り直す

摩擦を避ける

肝斑は物理的な刺激で悪化することが知られています。洗顔やメイクの際に知らずに肌をこすっている場合が多いため、日々のケアを見直してください。洗顔はなるべく泡で行い、メイクの際はこすらないように意識するだけで治療の効果も変わってきます。

むやみにレーザー治療・光治療を受けない

ルビーレーザー、YAGレーザー、光治療(IPLなど)の治療を受けると治療3ヶ月程度してからむしろ色味が濃くなる、まだらに白斑を形成するなどのリスクがあります。(MK Trivedi, Int J Womens Dermatol,2017)どうしてもレーザー治療を受けたい場合は少なくとも施術の6週間前から、施術後は再発防止のためにさらに2週間以上外用薬や内服薬、ピーリングなどを継続することが望ましく、慎重に治療を決定する必要があります。

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日