目頭切開目の印象を大きく変えるミリ単位の世界

BEFORE
AFTER

日本人の多くは蒙古ひだ(もうこひだ)とよばれる目頭の皮膚のかぶさりにより、目頭のピンクの部分(涙丘)が隠れています。目頭切開は蒙古ひだを切って目頭の皮膚のかぶさりを弱くすることで、目の横幅を大きく見せることができる治療です。デザインを調整することで、蒙古ひだを少しだけ弱めたり、完全に無くしたりすることができます。

蒙古ひだで目頭が隠れていると、目が丸っこく見えて幼く可愛らしい雰囲気がありますが、目頭切開で蒙古ひだを弱くして、目の横幅を大きくし、目頭のピンクの部分がよく見えることで、シャープで大人っぽい雰囲気がでます。
どちらが好きかは人それぞれの好みですが、この手術では目元の印象が大きく変わるので、ご希望とお顔立ちをよく考えて手術の計画をたてることが大切です。

目頭切開がオススメの方
  • 目の横幅を大きくしたい方
  • 蒙古ひだが気になる方
  • シャープな目元にしたい方
  • 目頭メイクを卒業したい方
  • 寄り目気味の方
    (逆に離れ目のかたにはオススメしません。)
  • 平行型の二重になりたい方
    (二重幅を広げるだけでは平行型になりにくいかたに目頭切開を併用します。)

<Z法>手術手順

  • Z法の切開デザイン。
  • ひだを弱めて極細の
    糸で縫合して完成です。

施術時間:30〜40分程度

<リドレープ法>手術手順

  • リドレープ法の切開デザイン。
  • ひだを弱めて極細の
    糸で縫合して完成です。

施術時間:30〜40分程度

目頭切開の種類について

当院ではZ法リドレープ法を行っております。(三日月法や内田法はキズが目立ちやすいので行っておりません。)Z法は目頭のとんがりを保ったまま目頭を切開する方法です。蒙古ひだを弱めるために非常に効果的で、目頭をどの程度だすかの調整もしやすく、後戻りも少ない方法です。
しかし、他の方法に比べてZ法は皮膚の余りがでやすいので、皮膚の余りの処理が大切になってきます。

リドレープ法は韓流目頭切開とも呼ばれ、韓国で多く行われている方法です。手術後は目頭の形に沿ったキズとなりほぼ目立ちません。しっかりと目頭をだすために効果的な手術ですが、目頭を少しだけだしたい場合の調整がやや難しく、術後の目頭の形がやや丸みを帯びることがあります。

カウンセリングでそれぞれのかたの二重と目頭の状態をよく見てどちらの方法が適しているかをアドバイスいたします。

二重手術と同時に受けることが可能

二重埋没法二重切開法と同時に目頭切開を受けることが可能です。特に二重埋没法と目頭切開はダウンタイムが同じくらいですので同時に受けるかたも多く、相性が良い治療でもあります。二重切開と同時に目頭切開を行う場合、ご希望の二重の形により、二重切開と目頭切開のデザインをつなげたり、別にデザインしたりします。

当院の目頭切開の特徴とこだわり

痛みや腫れ、内出血をできるだけ少なくする

特別に調整した局所麻酔薬を極細の注射針を用いて丁寧に打ち、手術中に止血操作を細かくしていくことで腫れや内出血を可能な限り少なくします。安心リラックス麻酔(笑気麻酔)を使用すればさらに楽に手術を受けることができます。

精密かつ繊細なオーダーメイドのデザイン

二重も目頭切開もデザインが命です。手術前に念入りにカウンセリングとシミュレーションをし、0.5mm単位で極細の専用ペンを用いて細かくデザインしていきます。デザインをお客様と一緒に確認し、ご納得いくデザインを時間の限り追求します。まさにオーダーメイドです。流れ作業クリニックとの大きな違いです。

左右同時進行とすることで
左右差を極力少なくする

二重や眼瞼下垂の手術では左右同時に行うのは当たり前ですが、目頭切開や目尻切開でも左右同時に始めてバランスを確認しながら手術をすすめることが大切です。

顕微鏡手術用の道具を用いた精密な縫合

目頭の皮膚は特に薄く、段差なく皮膚を縫合するためには拡大鏡(ルーペ)が必須です。それに加えてマイクロサージェリー(顕微鏡手術)用の精密な道具を用いて縫合することで、皮膚のダメージが少なく、細かなズレもなくなるので、できるだけキズを綺麗に治すことができます。

安心のアフターフォロー

手術は受けて終わりではありません。アフターフォローが大切です。1か月後、3か月後に担当医がまぶたの状態をチェックさせていただき、ご満足いただけているかどうか、気になることはないかどうかをお聞きいたします。

治療の流れ

  • 医師によるカウンセリングと
    シミュレーション(約20分)

    あなたが思う理想の形を存分に伝えてください。診察した上で医師の知識と経験をふまえて、ご満足いただけるようなデザインをご提案します。目頭切開のシミュレーションを行い、鏡でよく確認していただきます。

  • 洗顔
    半個室のパウダールームにて洗顔していただきます。        

  • 手術前のシミュレーションとデザイン
    (約20分)

    完全個室の施術室で、医師とデザインの打ち合わせを行います。ご希望の目頭のかたちになるように入念にシミュレーションし、丁寧にデザインしていきます。デザインが決まりましたら、鏡でよく確認していただきます。

  • 手術(約30~40分)
    局所麻酔の注射を打ってから手術を開始します。力をできるだけ抜くことが腫れを少なくすることにつながります。もちろん緊張しやすく力をなかなか抜きにくいかたもいらっしゃいますので、できるだけ緊張がほぐれるように優しくお声がけしながら施術をすすめていきます。
    オプションで安心リラックス麻酔(笑気麻酔)を使用しますと、よりリラックスした状態で手術を受けることができます。

  • まぶたのお冷やし休憩(約15分)
    手術が終わりましたら、半個室の部屋のリクライニングチェアでゆっくりとくつろぎながらまぶたを冷やしていただきます。
    冷やし終わったら一度チェックし、お会計となります。

  • 手術後の検診
    手術後9日前後(抜糸)、1か月、3か月くらいの時点でまぶたの状態をチェックさせていただきます。不安なことや心配なことがあれば、ご遠慮なくおっしゃってください。この際の再診料は無料です。
    もちろん、検診をご希望されない場合は必須ではありません。

ダウンタイムについて

施術当日よりも翌日や翌々日が腫れのピークです。施術後、2-3日は目頭部分に腫れがあり目頭の形も心配になることがありますが、7日程度で大まかな腫れはひいてきます。抜糸は術後9日前後で行います。抜糸翌日からメイクも可能ですが、術後1,2か月はキズのテープ保護をおすすめしております。お仕事を再開されるのは施術後7日くらいのかたが多いです。
内出血が生じた場合には1-2週間で吸収されてきますので、それまでメイクでカバーしていただいております。
術後1か月の時点ではキズの赤みがありますが、3か月もすると赤みはほぼひきます。体質にもよりますが、目頭はキズが赤く盛り上がりやすい(肥厚性瘢痕になりやすい)部位なので状況に応じて、注射や内服の治療を追加することがあります。

費用 <Z法>¥280,000
<リドレープ法>¥280,000
<他院修正代>¥50,000
<きずを綺麗に治すためのボトックス>¥25,000
リスク 腫れ、痛み、浮腫み、内出血、感染、創離開、きずあと(白い線)、肥厚性瘢痕、ケロイド、目頭が出すぎ、目頭が隠れすぎ、目頭形態の左右差、皮膚のだぶつき、まぶたの違和感など

※価格は全て税抜き表示になります。

料金表へ

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日