女医のきれいブログOZI SKIN CLINIC - BLOG

ニキビを3か月で改善させるためのピーリングの選び方・受け方のコツ

ニキビ治療の第一歩。

それがピーリングです。

 

でも、ピーリング剤ってたくさんの種類がありますよね。

・なにを選べばいいのか

・本当に効くのか

非常にわかりにくいと思いますので、まとめてみました。

そして、ニキビに効くピーリングの受け方のコツについてもお伝えします。

 

 

●なにを選べばいいのか

ピーリング剤の種類はたくさんあると思いますが、日本で出回っているのは大きく3種類です。

✓フルーツ酸

✓サリチル酸

✓グリコール酸

この3の違い、よく分かっていないまま施術を受けている方がとても多いです。

実は全く効果が異なります。

結論から申しますと…

 

ニキビに効くのは「サリチル酸」です!

 

フルーツ酸はエステや自宅でできる害もなく、効果も…というものなので割愛しますね。

 

ニキビにサリチル酸、グリコール酸ピーリングを行って比較した文献がいくつかありますので内容とともにご紹介します。

 

  • ニキビが早く改善するのは…サリチル酸

→サリチル酸ピーリングのほうが4週間早くグリコール酸ピーリングよりも改善した。Kessler, et.al., 2008

  • 炎症性ニキビにより効果があるのは…サリチル酸

→2か月半のサリチル酸ピーリング顔全体のニキビの75%が消失した。Hashimoto, et al.,2008

  • ニキビによる色素沈着により効果があるのは…サリチル酸

→ニキビによる色素沈着過剰に対してサリチル酸は炎症を鎮める効果が強いことからグリコール酸よりも色素沈着を4週間はやく改善させた。Garg,et al,.2009

  • 有害事象(副作用)が少ないのは…サリチル酸

→サリチル酸は乾燥や紅斑などがみられることがありますがどちらも一時的なもので大きな有害事象は認められなかった。グリコール酸ピーリングはニキビフレア(一時的な悪化)や皮むけの可能性があり認容しにくいこともあった。Kessler, et.al., 2008

  • ピーリング終了後に効果が持続するのは…サリチル酸

→ピーリング治療終了後2か月時点で両者を比較したところ、効果が持続してニキビの再発が起きにくかったのはサリチル酸であった。Dréno et al.,2011

 

これをみてもわかるようにサリチル酸はニキビには非常によい製剤なのです。

もっとも、その効果として角質を溶かし、皮脂腺の中に浸透し細菌を殺し面皰を直接改善させる効果があることがあるので当然といえば当然です。海外では「ニキビの最大の敵」としても認識されています。

グリコール酸ピーリングももちろん効果はありますが、サリチル酸よりもニキビへの効果が弱いばかりか副作用としての皮むけ、紅斑、痛み、腫れなどが散見されるためあえてグリコール酸ピーリングを行うメリットはないと考えます。

グリコール酸ピーリングは炎症後の色素沈着によく用いられてきましたが、ニキビの赤みにはサリチル酸もよく効く(むしろサリチル酸のほうが効果があったという論文もDainichi T et al,.2008)あるため、ニキビに対してはやはりサリチル酸一択でよいと思います。

 

ただし、これはあくまでニキビに対してのピーリング。

小じわ治療や肝斑などではありませんのでご注意ください。ピーリング剤もこだわると目的にあった効果が出てきてくれます。

 

●濃度にこだわる!サリチル酸は30%!

当院で扱っているサリチル酸は30%です。これは非常に高濃度です(よくあるのは10~20%です)のでマクロゴールという基材で副作用は出にくく、かつ効果をそのままにした製剤を用いて施術を行っています。東京大学で開発されたものをそのまま用いていますので効果はもちろんですし、安全性も保たれています。

よく、サリチル酸は1か月おきに…という話も聞きますが開発したチームによると2週間おきに施術することでより効果がしっかりとみえるという結果も出ていますので当院では2週間おきにお客様にいらしていただいております。

せっかくならより効果を実感していただきたいので…!

 

●受け方にコツ。自宅でできるホームケアを併用すると効果アップ!

実は、ホームケアを併用することで圧倒的にサリチル酸の効果を高めることができます。

それはレチノール製剤を自宅で使用することです!

Grimes PE. Salicylic acid. In: Tosti A, Grimes PE, Padova MP, editors. Color Atlas of Chemical Peels. 2nd ed. New York, NY, USA: Springer-Verlag; 2006

にもあるように、レチノールで角質層を薄くはがし、細胞の代謝を高めることでピーリング剤の浸透を改善させることができ、サリチル酸の効果を高めることができます。

ただし、もちろんレチノール製剤は皮むけや赤みが出る成分なので使用には十分なフォローが必要になります。

 

ニキビは必ず良くなりますので、まずは効果のある治療を効果的に始めましょう!

オジスキンクリニックはイソトレチノイン(ロアキュタン)、ニキビ内服、ニキビ導入剤などを準備し、ニキビの改善に全力を注いでいます。

浦和駅1分の美容皮膚科・まぶたの治療【OZI SKIN CLINIC】

日付:   カテゴリ:女医のきれいブログ

[浦和駅]徒歩1分 [診療時間]10:30〜19:00
休診日:第1.2.4 月・木/第3 日・月/祝日